「ラジオどっとあい 岡咲美保の花咲け!美保ちゃん♪」第1回~第13回の内容と感想をサラッと書いてみた

スポンサーリンク

新人若手声優の岡咲美保さん。

この記事は岡咲さんの初冠ラジオ番組

「ラジオどっとあい 岡咲美保の花咲け!美保ちゃん♪」

の内容と感想をまとめた記事です。

 

内容の一部を箇条書きにして

読みやすい様にしているつもりです。

 

ラジオのインデックスや

バッグナンバー代わりに利用してください。

 

なお反省会は聞いていないので

その点はご了承ください。

 

あとすべての内容を書いている訳ではありません。

是非A&Gの放送を聞くか、

プレミアム会員となって聞くことをお勧めします。

 

ラジオどっとあい 岡咲美保の花咲け!美保ちゃん♪

 

また岡咲さんの情報をまとめた記事を作成しましたのでよかったどうぞ。

 

【声優】岡咲美保さんの情報まとめ!!「アイム声優としての王道を歩む?」
アイム所属の女性声優である岡咲美保さんご本人がラジオや雑誌のインタビューで語ったことをまとめてみました。ラジオの発言でも結構な情報量です。岡咲さんのことを知るきっかけになればファンとして幸いです。

 

スポンサーリンク

第1回(2018年7月7日放送)

 

第1回とあって

声が緊張しているように聞こえました。

まあ回を重ねる毎に慣れて行くことでしょう。

 

今回の内容を箇条書きにすると、

 

  • 緊張で胃が痛い
  • 定番の自己紹介から
  • 岡咲の咲は濁らない
  • 1998年11月22日生まれの19歳
  • あだ名は某ラジオでミポリンと命名
  • 出身地は岡山県
  • 好きなことは「歌うこと」と「メイク」と「ユーチューブのメイク動画視聴」
  • 高校を卒業して上京した
  • 嫌いなものは「野菜」
  • 番組タイトルはエジソンの中で麻倉ももさんが命名
  • リスナーの間違いにツッコむ
  • 人柄は真面目(自称)
  • あだ名は美保ちゃんでも可
  • 好きな花はひまわり
  • 温泉娘のイベントが初顔出し仕事だった
  • おんせん娘繋がりで本渡さんには仲良くしてもらっている

 

以上です。

 

緊張はしつつも

番組回しは上手く

新人声優さんとは思えませんね。

 

次回以降も見逃せませんわ。

 

 

スポンサーリンク

第2回(7月14日放送)

 

前回の放送を聞いて

いつもより1.5倍ぐらいの早口に

なっていたと反省していた岡咲さん。

今回はどんな感じだったのでしょうか?

 

前回同様内容の一部を箇条書きにすると、

 

  • ラジオの写真撮影のために服を買った
  • 服の感想を聞かせてほしい
  • 周りからウサギに似ていると言われることが多い
  • 思いやりがある人が素敵だと思う
  • アイドルソングやアニソンに合わせて踊るのが好き
  • 方言(岡山弁)が通じなかったことがある
  • 固定的なイメージを作りたくない
  • 強いて言えばミステリアスな人になりたい
  • 昔から男の子の役とやりたいと思っていた
  • 人生が猪突猛進

 

こんな感じでした。

箇条書きだと

わかりづらいかもしれません。

 

やっぱりラジオは聞いて

ナンボだと思います。

プレミアム会員となって聞くか、

土曜深夜の放送を聞くことをお勧めします。

 

今回は岡咲さん自身が話していたように

前回よりは緊張していない様子でしたし、

一つ一つの内容を掘り下げてトークできたと

思います。

 

ただご自身が興味あることと

それが意外のことを話す時は

さすがにまだまだ差がありますね。

 

この辺は経験を積めばだいぶん

変わってくると思いますけど。

 

 

スポンサーリンク

第3回(7月21日放送)

 

第3回です。

今回も内容を箇条書きにしてみましょう。

 

  • 髪の毛を染めた
  • 前回勧められたスライム動画を見た
  • ここ半年ぐらいはリップにハマっている
  • 1週間に1本はリップを買ってる
  • 現在リップを50本保有
  • マックというブランドのリップスティックがお気に入り。
  • カラオケの十八番はディズニーの某曲
  • 和風の曲が好き
  • 1期上の武田羅梨沙多胡さんと仲良くさせてもらっている
  • 武田さんが新人歓迎会用に作ってくれた名札が素晴らしかった
  • 高校時代、日笠さんが出演していたNHKの書道の番組を見てた
  • 同じ事務所の篠原侑さんを15回ぐらい(一緒に遊びに行こうと)誘った

 

今回はアイムの先輩の話とかあって

結構興味深い話が多かった気がします。

 

あと1つのテーマをグダる前に切り上げるので

テンポがめっちゃいいですね。

ただテンポ良すぎて

1つの1つの話の印象が残りにくいのが

デメリットかも。

 

例えば松岡ハンバーグの場合、

松岡さんが真面目な話を始めると

松岡さんは考えながら話すために

テンポが悪くなりますけど、

その一方話の内容が深く、

いつまでも

覚えているのですよね。

 

まあこの辺は好みも

ありますから

何とも言えませんが

次回以降どうなるか

注目しておきたいところです。

 

スポンサーリンク

第4回(7月28日放送)

 

今回からコーナー募集していたものに対する

リスナーさんのメールが届き始めて

ようやく本格始動という感じです。

 

今回も内容を箇条書きすると、

 

  • 音楽少女で共演した島袋美由利さんと上野動物園に行った
  • パンダを並んで見てきた
  • ゴリラにアテレコした
  • 一緒にカラオケにも行った
  • お勧めのコスメを教えた
  • 島袋さんを美由利呼びしている
  • 島袋さんは岡咲さんのことを姪っ子のような感じで見てるらしい
  • 中学時代はバトミントン部だった
  • 4歳の頃からピアノをやってた
  • ハイスコアガールのヒロインを演じている 鈴代紗弓さんは(養成所の?)同期
  • ゲーム機は結構もっている(任天堂のものばっかり)
  • やってたゲームはGIRLS MODEとトモダチコレクションとドラクエ9
  • 夏休みの宿題はギリギリまでやらないタイプだった

 

 

こんな感じでした。

今回もテンポよく進む一方、

程よく脱線もするので

前回よりも話の印象が

残りにくいという感じは減ったかも。

 

そういえば今回から

各コーナーが本格始動しましたが、

書の極みのコーナーはちょっと残念ですね。

 

あのコーナーは動画で見たかった。

やっぱり岡咲さんが

書道している所を見てナンボだと思うので。

まあラジオなので

公式の写真だけ我慢するしかないか。

 

その一方#トレンドのコーナーは

どの話にも喰いつき、

弄る余裕もあったようなので

聞いていて面白かったです。

 

あと今回は大沢事務所の

島袋美由利さんと一緒に

動物園行ったりした話をしてましたが

着々とコネクションを広げていますねぇ。

 

声優さんの仕事って

縁が大事なお仕事みたいなので

いろんなところに

ルートを作って欲しいですわ。

 

 

スポンサーリンク

第5回(8月4日放送)

 

夏らしい話で始まった今回。

5回目にもなれば、

緊張感はほとんどなくなった感じですね。

 

ではいつもの通り、

主な内容を過剰書きにしてみましょう。

 

  • 抹茶金時のカキ氷を食べたことない
  • 前回着ていたジャージは文化放送の備品?
  • 好きな匂いは石鹸(しゃぼん)の香り
  • さわやかで自然な香りは好き
  • 最近は柑橘系がお気に入り
  • ドラムロールがイマイチ

 

こんな感じでしょうか?

 

 

今回はリスナーさんからの

質問に答えるコーナーが

ちょっと長めでした。

 

茶化すことなく

真正面から向き合い

真面目に答えを考えているのが伝わり

好印象でしたわ。

 

ただ質問への返答をした後、

アクセントのようにちょっと笑って

真面目になり過ぎた空気感を変えたところは

新人離れしているなぁとも思いました。

 

 

スポンサーリンク

第6回(8月11日放送)

 

第6回目の感想です。

 

今回は冒頭のタイトルコールが

今までで一番上手くいったとご満悦の岡咲さん。

こういうところで喜ぶところが

まだまだ初々しくていいですね。

 

逆にベテランがこういうこと言うと

ちょっとイラッとしますけどw

 

ではいつものように内容を箇条書きに

していきましょう。

 

  • 今週はネタがない
  • 髪の毛を巻けるようになった
  • 寝る前にリーズナブルな巻き髪用の器具を使ったけど寝苦しかった
  • 巻き髪のユーチューブでお勉強
  • ミックス巻ができる女になりたい
  • イントネーション間違ったことに気付かないのが怖い
  • 服と靴のイントネーションを間違った(方言に引っ張られる)
  • 敬語を喋る時は方言が出ないように意識する
  • 小学校の卒業式のビデオを見て、自分の声がキンキンしていてびっくりした(宇宙人声)
  • 日焼けすると肌が真っ赤になるタイプ
  • 鼻の頭が焼けやすいので、日焼け止めを塗る
  • 年上の友人にテンションがヤバいと言われた
  • 人にテンションを合わせることができるのはチャームポイント
  • クルージングに参加したい
  • ラジオ4回目ぐらいから成長した

 

 

今回はイントネーションの話と

日焼けの話をちょっと長くお話されてましたね。

 

声優という職業柄、

方言が出るとマズいので

地方出身の声優さんは苦労すると

よく聞きますけど、

岡咲さんも結構苦労と言うか

注意しているようです。

 

やっぱり標準語に慣れている分、

東京や神奈川出身の声優さんはそれだけで

アドバンテージになるのかも。

 

あと書道のコーナーの題目は

天真爛漫。

 

スタッフさんから

天真爛漫なエピソードを求められて

一瞬テンパっている岡咲さん可愛かったです。

そしてテンパっている間も

喋ることを止めず、

しっかりと喋り続けるのは

さすがプロだとも思いました。

 

スポンサーリンク

第7回(8月18日放送)

 

ラッキー7回です(本人談)。

全13回なので今回から後半戦開始です。

 

前半は自分をコントロールできなかったと

反省してましたけど、

新人でこれだけできれば十分だと思いますわ。

 

ではいつものように内容を箇条書きに。

 

  • スマホケースを新調
  • 新しいスマホケースは夏っぽいクリア系
  • スマホケースはデザイン(可愛いやつ)、持ちやすさを重視
  • モンゴルの歌唱法のホーミーに軽く挑戦
  • 音楽少女第6話(岡咲さんが演じる未来ちゃんのメイン回)の話
  • 作詞に興味あり
  • 蚊に刺されにくい体質らしい
  • 早起きが苦手
  • 朝4つくらいアラーム(目覚まし)を用意している

 

こんな感じでしょうか。

 

さて今回のメインコーナーの1つは

「美保ジティブ」。

リスナーさん(おひさまさん)の

お悩みを岡咲さんがポジティブに

解決するというコーナーですけど、

なかなか面白い回答を

岡咲さんがしてました。

 

人の名前を覚えられないという

お悩みに対して

岡咲さんの出した解決法は

相手に興味を持つこと。

 

これで終われば普通なんですけど、

その後が岡咲さんらしいというか

ちょっとぶっとんでます。

 

岡咲さん曰く、

興味を持つ方法として

自分が相手をアイドルとして

プロデュースするなら

どうするか考えるということを

お勧めしていました。

 

たぶん音楽少女が念頭にあるのでしょうけど、

自分の出演番組を想起させるような

回答を思いつくなんて簡単にはできません。

岡咲美保恐るべし。

 

スポンサーリンク

第8回(8月25日放送)

 

冒頭で夏祭りやプールでさえ

行けなかったと

珍しくボヤキモードで始まりましたが、

行けないということは

それだけ忙しい証拠ですからね。

 

それにプール(特にナイトプール)

に行けば行けったで

いろいろ言われますからねぇ。

 

 

さて今回も内容を箇条書きにしてみます。

 

    • 最近上手にリボン結びができるようになった
    • 温泉むすめの話
    • プライベートで湯郷温泉へ行ってみたい
    • 自分が演じる音楽少女の西尾未来のキャラソンのことを語る
    • 新人声優あるある
    • ドアの横に座ることばかり考えて、マイク前のソファに座ってしまった
    • 占いは好き
    • アロエと言えばアロエヨーグルトのイメージらしい
    • 書の極みのお題は「大和撫子」
    • 輝夜月(カグヤルナ)が大好き
    • 物が大好きで物がどんどん増えていく
    • 片づけは苦手

 

こんな感じです。

 

今回のメインコーナーの書の極み。

前述したようにお題は「大和撫子」

だったのですが、

大和撫子の意味に悪戦苦闘。

 

さらに構成作家さんから

大和撫子な声優さんは?と振られて

どう答えるか悩んでいました。

 

結果的に具体的な声優さんの

名前を答えずうやむやに終わったのですけど、

あれは名前を出すのを避けるために

わざとうやむやに終わらせたのかもしれませんね。

 

名前出すといろいろ面倒なことに

なることもあるので。

 

とっさにそこまで考えて

ああいう風にやったのだったら

凄いですけどどうでしょうかねえ。

 

 

スポンサーリンク

第9回(9月1日放送)

 

9月最初の放送です。

最近眠たいという岡咲さん。

 

今は名前を売る大事な時なので

朝早くからたくさん仕事が入っているのでしょう。

 

大変だと思いますけど、

声優を長く続けるためには

踏ん張りどころだと思うので

何とかやり抜いてほしいです。

 

さていつものように内容の箇条書きから。

 

  • 小さい時から早起きが苦手
  • ただしイベントの時は早起きできた
  • 今は複数の目覚ましで起床している
  • 朝のメイク時間が好きなひととき
  • 子供の頃はテレビの幽霊特集などが怖かった
  • ただし幽霊が見えるタイプではないので今はある程度大丈夫?
  • 小さい頃は人見知りだった
  • 愛着のあるキャラクターは選べない
  • 黒猫のウィズのアスピナは初づくしで印象に残っている
  • 肩こりが酷い(マックスは中学生の時)

 

今回のメインコーナーは美保ジィテブ。

その中で肩こりの思い出を話されました。

 

岡咲さん曰く、

昔から肩こりが酷く、

高校受験の面接の時、

肩こりが酷くて苦痛だったそうです。

 

ただでさえ、

受験で緊張している中、

肩こりにも苦しんだなんて

そんな中学生滅多にいませんわ。

 

そしてみんなの肩コリを浄化するために

大声で叫ぶ岡咲さん。

 

ただちょっと不発と言うか

中途半端だった感じがw

 

おそらく岡咲さん自身

そう思ったのでしょう。

叫んだあとにちょっと苦笑してました。

それでも無理やり浄化は達成されたと

言い張る岡咲さん。

 

こういうところは

アイムの所属の声優さんだなぁと

思いますわw

しっかり先輩たちのDNAを引き継いでるw

 

スポンサーリンク

第10回(9月8日放送)

 

今回で10回目。

今回も合わせて残り3回で

このラジオも終わり。

 

名残惜しいですね。

まあ秋になると転スラの

ラジオ始まりますけどね。

 

 

ではいつものように内容の箇条書きを。

 

  • 夏が好きなのの反動で秋が嫌い
  • 寒いのが苦手
  • ハロウィンの仮装ができたら秋が好きになるかもしれない
  • ラジオでは噛んでしまう
  • 考えながら喋るから噛むのかもしれない
  • 怖い先輩はいない
  • 甘えたい先輩は花守ゆみりたんw
  • ゆみりたんとは波長が合う
  • 1人っ子なので歳が離れた小さい子は可愛いと思う
  • 大勢の前で話す場合は緊張しない
  • その代わり知っている人の前で喋るのは緊張する

 

以上です。

今回もいろんな話がありましたね。

では次はコーナーの話。

今回のメインコーナ―は書の極み。

 

前回の大和撫子の釈明をした後で

今回のお題発表。

 

今回のお題は「フェチ」。

岡咲さんは匂いフェチらしく、

特に柔軟剤の香りが自分が好きなものだったら

キュンとするらしいです。

 

なかなか際なフェチですねえ。

でもその気持ちはわかりますわ。

 

柔軟剤って良い匂いは

ホント心が安らぎますから。

 

まあ逆に嫌いな香りだと

絶望のどん底に落とされてしまいますが。

 

スポンサーリンク

第11回(9月15日放送)

 

このラジオも今回を入れてあと3回。

残りあとわずかとなってしまいました。

 

岡咲さん自身が言っていたように

焦らず楽しみましょう。

 

 

ではいつものように内容を箇条書きに。

  • イヤリングを片方無くした
  • イヤリングが一番好き
  • 無くしたのは誕生日プレゼントでもらったものだったのでショック
  • イヤリングはよく無くす
  • 誕生日(11月22日)がゾロ目なので気に入っている
  • 一番最初に飼ったペットは金魚
  • 小学1年生のころから実家で猫を飼っている(現在4匹)
  • 初帰省の時に猫アレルギーになってしまった
  • 薬を飲んで実家で猫とじゃれている
  • インコとかを飼ってみたい
  • 夏の初めくらいに損保ジャパン日本興和美術館に行ってきた
  • 大好きなコナンに所縁があったので
  • ゴッホのひまわりを見た
  • 美術館は新鮮で面白かった
  • 石見舞菜香さんとは現場でちょこちょこ会っている
  • 島袋美由利さん、石見さん、そして岡咲さんでご飯にいったりしている
  • 石見さんはほんわかしている

 

また新しい交友関係の話が明らかに

なりましたね。

なんか着々にコネクションを拡大している印象。

これも物怖じしない性格がなせる技でしょうか。

 

 

今回は「美保ジティブ」と「大人or子供」のコーナーが

最終回でした。

 

ホントコーナーが終わると

番組の終わりが近いと実感して

寂しく感じてきますわ。

 

スポンサーリンク

第12回(9月22日放送)

 

 

残りは今回と次回の2回

となったこの番組。

岡咲さん自身はようやく慣れてきた

ところなのに。

ではいつものように

フリートークなどの部分を

箇条書きに。

 

  • エレベーターの中であった面白いことの話
  • 声が小っちゃい子供と間違えられた
  • 中学校でバトミントン部に入ってた
  • 入った切っ掛けはバトミントン部は経験者が少なく平和そうだったから
  • 入ったら大変だった
  • バトミントンは体力が必要だし、夏は暑い、走り込みもあり。
  • バトミントンは技が面白い
  • 運動への抵抗を減らしてくれた
  • 傘は邪魔なので日傘兼用の折り畳み傘を使う
  • 移動にはリュックを使用している
  • 忘れ物が多い方
  • 新しいイヤリングを買った
  • 小学校では真面目に勉強してた
  • 教科書や参考書は捨てる派
  • 小さい頃から置いているものはオルゴール
  • 気が付いたら5~7個オルゴールを持っている

 

こんな感じです。

さて今回のコーナー1つ目は「書の極み」。

今回の言葉は「傍若無人」。

 

読めたと大喜びの岡咲さんでしたが

意味をしっかりと把握できていない様子。

 

でも傍若無人の意味なんてすぐに

出てきませんよねえ。

 

何とか字から

意味を引き出そうとしますが

結局失敗。

今回は仕方ありませんわ。

 

なお書道の方は

納得できる出来だったようですね。

サイトに公開してあるので

是非公式サイトを訪問してください。

もう1つのコーナーは「#トレンド」。

今回は取り上げたのは

「マ―活」、「さよならミニスカート」。

 

少女漫画が好きな岡咲さんは

後者に方に食いついていましたねえ。

 

やっぱり趣味に関連することになると

熱く語る傾向のようですね。

 

 

アッという間に今回も終了。

残すは最終回のみ。

 

次回も楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

第13回(9月29日放送)

 

とうとう最終回です。

でも見事に寝落ちしました。

仕方がないのでプレミアムで

聞くことに。

 

そしたらびっくり、

まさかの動画付き。

 

普通のA&Gより

画質がいいので、

キレイな画質で岡咲さんの姿を

見たいないなら、

プレミアムで見ることをお勧めします。

 

さて、

最終回と言うことで

近況トークを潰して、

その時間をリスナーさんからの

メールを読むコーナーに当てることに。

 

何でも先輩の大西沙織さんが

エジソンでラジオどっとあいに

「最終回なのでたくさんメールを送ってね」

 

と言ったらしく、

そのおかげでたくさんメールが

来たのかもしれません。

 

メールのほとんどは

番組の終わりを残念がり、

そして岡咲さんをこれからも

応援するという内容のものが多かったですね。

私も同じ気持ちです。

 

 

やっぱり3か月は短いですわ。

特にラジオどっとあいは

新人声優さんが担当するので

声優さんによっては持ち味を発揮する前に

終わることがありますからね。

 

その点岡咲さんは

結構自分の持ち味を発揮できていたような

気がします。

 

素を出すというか

作ってない風の感じが

好感が持てました。

 

今回は前述したように動画付き。

そのおかげで書の極みのコーナーで

岡咲さんが実際に書道するところを

見ることができました。

書道をする岡咲さんカッコ良かったですねえ。

止めはねをするところはサマになってました。

やっぱり書道の上手い人は伊達ではありませんわ。

 

 

そして最後の時が。

第4回までぐらいは緊張していたと告白する

岡咲さん。

 

確かに緊張しているのがわかりましたが

新人さんなので緊張するのは当たり前。

 

でもその後はラジオのパーソナリティを

楽しくやっているのがこっちにも伝わって

聞いている方も楽しかったです。

 

ラジオどっとあいが終わるのは残念ですが、

転スラのラジオがあるし、

松岡ハンバーグがあります。

 

是非他のラジオでも

私たちリスナー(おひさまさんたち)を

楽しませてください。

 

岡咲さん、

全13回のラジオ、

お疲れさまでした。