「ラジオどっとあい 岡咲美保の花咲け!美保ちゃん♪」第1回~6回の内容と感想をサラッと書いてみた

スポンサーリンク

現在アイムの一押し声優である

岡咲美保さんの初冠ラジオ番組

「ラジオどっとあい 岡咲美保の花咲け!美保ちゃん♪」

の内容と感想をまとめた記事です。

 

一応新しいリスナーさんに

過去の放送のバックナンバーな感じで

利用して頂けたら幸いです。

 

なお反省会は聞いていないので

その点はご了承ください。

 

あとすべての内容を書いている訳ではありません。

是非A&Gの放送を聞くか、

プレミアム会員となって聞くことをお勧めします。

 

ラジオどっとあい 岡咲美保の花咲け!美保ちゃん♪

 

なお6回以降は記事を作るかどうか未定です。

 

スポンサーリンク

第1回(2018年7月7日放送)

 

第1回とあって

声が緊張しているように聞こえました。

まあ回を重ねる毎に慣れて行くことでしょう。

 

今回の内容を箇条書きにすると、

 

  • 緊張で胃が痛い
  • 定番の自己紹介から
  • 岡咲の咲は濁らない
  • 1998年11月22日生まれの19歳
  • あだ名は某ラジオでミポリンと命名
  • 出身地は岡山県
  • 好きなことは「歌うこと」と「メイク」と「ユーチューブのメイク動画視聴」
  • 高校を卒業して上京した
  • 嫌いなものは「野菜」
  • 番組タイトルはエジソンの中で麻倉ももさんが命名
  • リスナーの間違いにツッコむ
  • 人柄は真面目(自称)
  • あだ名は美保ちゃんでも可
  • 好きな花はひまわり
  • 温泉娘のイベントが初顔出し仕事だった
  • おんせん娘繋がりで本渡さんには仲良くしてもらっている

 

以上です。

 

緊張はしつつも

番組回しは上手く

新人声優さんとは思えませんね。

 

次回以降も見逃せませんわ。

 

 

第2回(7月14日放送)

 

前回の放送を聞いて

いつもより1.5倍ぐらいの早口に

なっていたと反省していた岡咲さん。

今回はどんな感じだったのでしょうか?

 

前回同様内容の一部を箇条書きにすると、

 

  • ラジオの写真撮影のために服を買った
  • 服の感想を聞かせてほしい
  • 周りからウサギに似ていると言われることが多い
  • 思いやりがある人が素敵だと思う
  • アイドルソングやアニソンに合わせて踊るのが好き
  • 方言(岡山弁)が通じなかったことがある
  • 固定的なイメージを作りたくない
  • 強いて言えばミステリアスな人になりたい
  • 昔から男の子の役とやりたいと思っていた
  • 人生が猪突猛進

 

こんな感じでした。

箇条書きだと

わかりづらいかもしれません。

 

やっぱりラジオは聞いて

ナンボだと思います。

プレミアム会員となって聞くか、

土曜深夜の放送を聞くことをお勧めします。

 

今回は岡咲さん自身が話していたように

前回よりは緊張していない様子でしたし、

一つ一つの内容を掘り下げてトークできたと

思います。

 

ただご自身が興味あることと

それが意外のことを話す時は

さすがにまだまだ差がありますね。

 

この辺は経験を積めばだいぶん

変わってくると思いますけど。

 

 

第3回(7月21日放送)

 

第3回です。

今回も内容を箇条書きにしてみましょう。

 

  • 髪の毛を染めた
  • 前回勧められたスライム動画を見た
  • ここ半年ぐらいはリップにハマっている
  • 1週間に1本はリップを買ってる
  • 現在リップを50本保有
  • マックというブランドのリップスティックがお気に入り。
  • カラオケの十八番はディズニーの某曲
  • 和風の曲が好き
  • 1期上の武田羅梨沙多胡さんと仲良くさせてもらっている
  • 武田さんが新人歓迎会用に作ってくれた名札が素晴らしかった
  • 高校時代、日笠さんが出演していたNHKの書道の番組を見てた
  • 同じ事務所の篠原侑さんを15回ぐらい(一緒に遊びに行こうと)誘った

 

今回はアイムの先輩の話とかあって

結構興味深い話が多かった気がします。

 

あと1つのテーマをグダる前に切り上げるので

テンポがめっちゃいいですね。

ただテンポ良すぎて

1つの1つの話の印象が残りにくいのが

デメリットかも。

 

例えば松岡ハンバーグの場合、

松岡さんが真面目な話を始めると

松岡さんは考えながら話すために

テンポが悪くなりますけど、

その一方話の内容が深く、

いつまでも

覚えているのですよね。

 

まあこの辺は好みも

ありますから

何とも言えませんが

次回以降どうなるか

注目しておきたいところです。

 

第4回(7月28日放送)

 

今回からコーナー募集していたものに対する

リスナーさんのメールが届き始めて

ようやく本格始動という感じです。

 

今回も内容を箇条書きすると、

 

  • 音楽少女で共演した島袋美由利さんと上野動物園に行った
  • パンダを並んで見てきた
  • ゴリラにアテレコした
  • 一緒にカラオケにも行った
  • お勧めのコスメを教えた
  • 島袋さんを美由利呼びしている
  • 島袋さんは岡咲さんのことを姪っ子のような感じで見てるらしい
  • 中学時代はバトミントン部だった
  • 4歳の頃からピアノをやってた
  • ハイスコアガールのヒロインを演じている 鈴代紗弓さんは(養成所の?)同期
  • ゲーム機は結構もっている(任天堂のものばっかり)
  • やってたゲームはGIRLS MODEとトモダチコレクションとドラクエ9
  • 夏休みの宿題はギリギリまでやらないタイプだった

 

 

こんな感じでした。

今回もテンポよく進む一方、

程よく脱線もするので

前回よりも話の印象が

残りにくいという感じは減ったかも。

 

そういえば今回から

各コーナーが本格始動しましたが、

書の極みのコーナーはちょっと残念ですね。

 

あのコーナーは動画で見たかった。

やっぱり岡咲さんが

書道している所を見てナンボだと思うので。

まあラジオなので

公式の写真だけ我慢するしかないか。

 

その一方#トレンドのコーナーは

どの話にも喰いつき、

弄る余裕もあったようなので

聞いていて面白かったです。

 

あと今回は大沢事務所の

島袋美由利さんと一緒に

動物園行ったりした話をしてましたが

着々とコネクションを広げていますねぇ。

 

声優さんの仕事って

縁が大事なお仕事みたいなので

いろんなところに

ルートを作って欲しいですわ。

 

 

第5回(8月4日放送)

 

夏らしい話で始まった今回。

5回目にもなれば、

緊張感はほとんどなくなった感じですね。

 

ではいつもの通り、

主な内容を過剰書きにしてみましょう。

 

  • 抹茶金時のカキ氷を食べたことない
  • 前回着ていたジャージは文化放送の備品?
  • 好きな匂いは石鹸(しゃぼん)の香り
  • さわやかで自然な香りは好き
  • 最近は柑橘系がお気に入り
  • ドラムロールがイマイチ

 

こんな感じでしょうか?

 

 

今回はリスナーさんからの

質問に答えるコーナーが

ちょっと長めでした。

 

茶化すことなく

真正面から向き合い

真面目に答えを考えているのが伝わり

好印象でしたわ。

 

ただ質問への返答をした後、

アクセントのようにちょっと笑って

真面目になり過ぎた空気感を変えたところは

新人離れしているなぁとも思いました。

 

 

第6回(8月11日放送)

 

第6回目の感想です。

 

今回は冒頭のタイトルコールが

今までで一番上手くいったとご満悦の岡咲さん。

こういうところで喜ぶところが

まだまだ初々しくていいですね。

 

逆にベテランがこういうこと言うと

ちょっとイラッとしますけどw

 

ではいつものように内容を箇条書きに

していきましょう。

 

  • 今週はネタがない
  • 髪の毛を巻けるようになった
  • 寝る前にリーズナブルな巻き髪用の器具を使ったけど寝苦しかった
  • 巻き髪のユーチューブでお勉強
  • ミックス巻ができる女になりたい
  • イントネーション間違ったことに気付かないのが怖い
  • 服と靴のイントネーションを間違った(方言に引っ張られる)
  • 敬語を喋る時は方言が出ないように意識する
  • 小学校の卒業式のビデオを見て、自分の声がキンキンしていてびっくりした(宇宙人声)
  • 日焼けすると肌が真っ赤になるタイプ
  • 鼻の頭が焼けやすいので、日焼け止めを塗る
  • 年上の友人にテンションがヤバいと言われた
  • 人にテンションを合わせることができるのはチャームポイント
  • クルージングに参加したい
  • ラジオ4回目ぐらいから成長した

 

 

今回はイントネーションの話と

日焼けの話をちょっと長くお話されてましたね。

 

声優という職業柄、

方言が出るとマズいので

地方出身の声優さんは苦労すると

よく聞きますけど、

岡咲さんも結構苦労と言うか

注意しているようです。

 

やっぱり標準語に慣れている分、

東京や神奈川出身の声優さんはそれだけで

アドバンテージになるのかも。

 

あと書道のコーナーの題目は

天真爛漫。

 

スタッフさんから

天真爛漫なエピソードを求められて

一瞬テンパっている岡咲さん可愛かったです。

そしてテンパっている間も

喋ることを止めず、

しっかりと喋り続けるのは

さすがプロだとも思いました。