銀河英雄伝説第20話「流血の宇宙」の感想 「頭を使って石器時代の勇者を罠に嵌めます」

xx4

感想(ネタバレあり)

今回の話は2部構成ですね。

前段がアルテナ星域会戦、

後段がレンテンベルク要塞での白兵戦です。

スポンサーリンク

帝国の双璧 VS 石器時代の勇者

前々回ガイエスブルク要塞に逃げ込んだ貴族連合軍。

盟主ブラウンシュバイク公が披露した戦略を

メルカッツが批判する中、

シュターデン大将が帝都を強襲し皇帝の奪取を進言します。

それを苦々しく聞くメルカッツ。

どうやらメルカッツもその作戦を考えたようですが

デメリットの方が大きかったのであきらめた様子。

たぶんこの作戦を実施すれば成功するだろうが

利害だけでくっついている烏合の衆ですので、

今度は皇帝の身柄を巡って内部分裂する可能性が高い。

メルカッツが危惧したのは、

こんなところでしょうか。

ただでさえ勝てるかわからないのに

内部分裂したら絶対に勝てませんからね。

メルカッツが諦めたのも仕方がありません。

でも結局この案が採用され、

言い出しっぺのシュターデンが艦隊を率いて出撃します。

もちろんこの動きはラインハルト陣営も把握しており、

ラインハルトはミッターマイヤーに迎撃を命じます。

両軍が対峙したのはアルテナ星域。

ミッターマイヤーは広大な機雷原を作り上げ、

シュターデンが動けないように仕向けます。

シュターデンは士官学校時代に教官として

ミッターマイヤーに戦術理論を教えていたみたいですが、

ミッターマイヤーからは

理屈倒れのシュターデンという芳しくないあだ名を付けられていたみたいです。

理論が優れているが実践ができない。

そんな評価なんでしょうね。

さてシュターデンの艦隊には貴族の子弟も参加している様子。

その中でもヒルデスハイム伯は

対峙したままの現状が気にくわないみたいで、

他の貴族たちとシュターデンを突き上げます。

胃を押さえながら対応するシュターデンが

何か可哀想になってきました。

ミッターマイヤーに隙が無いから

シュターデンも動かないのに。

でも結局ヒルデスハイム伯を抑えきれなくなったシュターデンは、

艦隊を二分し

ミッターマイヤー艦隊を挟み撃ちする作戦を実行に移します。

しかしこの動きはミッターマイヤーに筒抜けであり、

ミッターマイヤーは当然に各個撃破。

疾風ウォルフの二つ名は伊達ではありませんでした。

哀れ敗退したシュターデンはレンテンベルク要塞に逃げ込みます。

シュターデンが逃げ込んだだけなら無視しても良いのでしょうけど、

レンテンベルク要塞は

ガイエスブルクに侵攻する主要航路にあるので

攻略が必須みたいです。

ただレンテンベルク要塞には

装甲擲弾兵総監のオフレッサー上級大将が籠っているみたい。

オフレッサーと言えばラインハルト嫌いの急先鋒であり、

白兵戦では無敵の勇者と言われている御仁。

あくまで原始時代の勇者という評価みたいですけど。

そんなやばい人物が籠っているのでラインハルトは、

ミッターマイヤーとロイエンタールに攻略を命じます。

両人とも嫌な命令だったでしょうね。

ホントならこんなところ攻略せず

艦砲かなんかで要塞ごと宇宙から消滅させるのが

一番だと思いますが、

たぶん艦砲ぐらいなら無理なんでしょうね。

設定的に。

(後にルジアーナ造兵廠をミッターマイヤーが攻撃した時は

艦砲とミサイルで潰した場面があるのですけどw)

さてどうにかレンテンベルク要塞の強行突入し、

要塞の中枢部を目指すミッターマイヤーとロイエンタールの部下の前に

オフレッサーが立ちはだかります。

もう何やっても勝てません。

たぶん三国志の呂布並に無敵です。

どんどん死体の山を築いていくオフレッサー。

余裕が出てきたのか

オフレッサーは

ラインハルトに向けての罵詈雑言まで吐く始末。

完全に売り言葉なんですけど、

それを聞いた金髪の儒子さん大激怒。

沸点低すぎ。

大激怒したラインハルトは

ミッターマイヤーとロイエンタールに

オフレッサーを生け捕りにすることを命じます。

難題です。

殺すことだって困難なのに生け捕りにしろなんて。

でもミッターマイヤーとロイエンタールの歴戦の名将。

頭を使ってオフレッサーを罠に掛けます。

その罠とはO・TO・SHI・A・NA(落とし穴)。

もったいぶった割にはシンプルですw

でもそんなシンプルな罠にひっかかるオフレッサーって・・・

生きたまま捕えられたオフレッサー。

あれだけラインハルトに汚い言葉を吐いたのですから

処刑が通常パターン。

しかしオーベルシュタインの進言で

オフレッサーは何をされる訳でも無く放免されます。

当然オフレッサーはガイエスブルク要塞に戻りますが、

なぜか貴族たちは冷たい目。

どうやらオフレッサーが放免された後、

オフレッサーの部下たちがほとんど処刑され、

それが帝国領内で中継されたみたい。

放免されて帰ってきたオフレッサーを疑うのは普通の流れ。

そうオフレッサーは嵌められたのです。

それを悟ってブラウンシュイク公に縋りつこうとするオフレッサー。

オフレッサーの狂騒に恐怖したブラウンシュイク公は

オフレッサーの殺害を命じ、

公爵の懐刀であるアンスバッハ准将がオフレッサーを射殺します。

オフレッサーは裏切り者として処刑した

貴族連合はそのように公表したみたいです。

もしラインハルトが処刑していれば

オフレッサーは最期までラインハルトに抗した

勇者して名声が残りますが、

貴族連合が処刑したので

命惜しさに寝返った裏切り者として汚名が残るのみ

オーベルシュタインホント怖いです。

ここまで考えていたのですから。

でもこのことでミッターマイヤーとロイエンタールは

オーベルシュタインのやり方に

少なからず疑念を持ったみたいな感じがします。

個人的にはラインハルト陣営も少なからずひびが入ったような気がしますけど、

果たして・・・。

次回のタイトルはドーリア星域会戦そして。

同盟の側の話になります。

今回のまとめ三行

・理屈倒れのシュターデンが疾風ウォルフに敗北

・原始時代の勇者が籠るレンテンベルク要塞へ

・裏切り者として粛清される

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする