アルスラーン戦記第25話「汗血公路」の感想 「早く2期を作ってください」

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

 

バルカシオン伯の自殺を止めようとした

アルスラーンでしたが、

エトワールからは

伯爵を殺したと誤解され、

切りかかられる始末。

アルスラーンもいい迷惑です。

 

そして戦が終わりました。

ダリューンが手傷を負ったり、

アルフリードが行方不明だったり。

パルス側も損害は多いみたいです。

 

相手の指揮をしていたのが

ヒルメスさんだったのですから

仕方ありませんね。

 

さてナルサスは

アルフリードら潜入部隊の安否を気に掛けます。

 

いつもは迷惑顔なのに

アルフリードのことを心配するナルサス。

 

素直ではありませんねえ。

 

アルフリードと再会した時は

照れくさそうな感じでしたし。

 

またエラムが渋い顔しそうです。

 

スポンサーリンク

利害が一致したのでまた手を組む

 

アルスラーンを倒すことができず、

パルス軍に捕まったエトワール。

捕まっている牢屋をアルスラーンが訪問します。

命狙われたのに物好きですね。

エトワールの方も素直ではありませんが。

 

次の日。

パルス式、ルシタニア式両方で

慰霊祭を開催します。

 

侵略者であるルシタニアにも

礼を失しないアルスラーン。

 

甘いと考える人もいると思いますが、

こういう考えた方ができるからこそ

アルスラーンの周りに人材が集まるのでしょうね。

 

聖マヌエル城が落城。

この報が王都に届くと同時に

姿を現すヒルメスさん。

 

なんとヒルメスさん

いきなりギスカールに剣を向けます。

 

でもなぜか利害が一致して共闘することに。

さすが悪人同士馬が合うのでしょう。

 

一方聖マヌエル城は

そのままにしておくことだできないため

火をかけて破却します。

 

ルシタニア軍だったら破却とともに

捕虜を虐殺するくらいするでしょうけど、

当然アルスラーンはそんなことしません。

何と捕虜を連れたまま征西を続けることに。

 

騎士であることを誇りにしていた

エトワールですが、

女性の恰好で

妊婦や怪我をしたルシタニア人の世話を

買って出ます。

 

そんな中また姿を現すアルスラーン。

良い人過ぎますね殿下は。

それともエトワールのことが

気になるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

俺たたエンドにちょっと不満

 

そして最後の場面。

 

別行動をとるギーヴまで出て来て

アルスラーン一党総登場。

俺たちの戦いは

まだまだ続く的な終わり方でした。

 

う~ん、

ちょっと消化不良ですね。

原作の漫画版を追い抜いたことが

理由だと思いますが

こんな中途半端なところで終わるとは。

 

小説版とかなり違ったストーリーと

なってしまいましたので、

2期制作してもらわないと困ります。

 

そういえばCMで

七つ大罪のアニメがまた作られるのが発表されましたね。

ガンダムが終わった後

この日曜17時枠で七つの大罪の放送となるのでしょうか。

こっちも目が離せませんね。

 

今回のまとめ三行

・聖マヌエル城をパルス軍が奪取

・ヒルメスとギスカールがまた共闘

・俺たちの戦いはまだまだ続く