ジョーカー・ゲーム第9話「ダブル・ジョーカー(後編)」の感想

xx2

感想(ネタバレあり)

日本の外交官白幡が英国公使グラハムに

日本陸軍の統帥綱領を渡そうとしていることを掴んだ陸軍が

D機関と風機関にその邪魔を命令したのが前回までのお話でした。

今回はその続き。

D機関と風機関の熱いスパイ戦が繰り広げられると思っていましたが、

所詮風機関は軍人がスパイごっこしているだけの存在でした。

その点ではちょっと拍子抜けです。

スパイとしての格が違い過ぎる

統帥綱領の受け渡しの日時の情報をゲットした風機関は

白幡邸の近くの宿で待機します。

別に待機するだけなら宿なんて使わなくてもいいのではと思いますけど。

まあ民間人に偽装して宿に泊まっている方が

自分たちはスパイとして働いていると実感できるのかもしれませんが。

そしてそこのやってくる一人の青年。

この青年は白幡の書生である森島。

風機関はこの森島の弱みを握って

白幡の情報を逐一報告させていたようです。

森島から白幡の様子を聞いた風機関の指揮官風戸中佐は

今日取引が行われることを確信。

そして森島の労をねぎらうために一杯酒を飲ませます。

前回グラハムの執事を殺した風機関です。

秘密を知っている森島を生かしておくはずはありません。

酒には昏睡状態にする薬が入っており、

森島を送っていく役となった蒲生が

森島を消す手筈になっているようですね。

場所が変わって白幡邸。

その白幡邸に入っていく1台の車。

グラハムがその車に乗っていると推測した風戸中佐は

屋敷への突入を命令します。

でも屋敷内は静かな状態。

人がいる気配がありません。

そして一人白幡邸の奥の間で

風戸中佐を待っていた一人の男。

もちろん結城中佐です。

ここからは結城中佐の独演会。

風戸中佐が反論してもすぐに論破されています。

この場面が今回の見どころですから

是非視聴することをお勧めします。

結城中佐によると

D機関は1年前から白幡を監視しており、

情報を得てから監視しはじめた風機関とは違うみたいです。

さて結城中佐とは違い、

風戸中佐は陸大を出ているエリート。

そのエリートが格下と思ってた結城中佐の敗北したのですから、

プライドが持ちませんよね。

こういう場合、

結城中佐を逆恨みして徹底的にD機関を付け狙うか、

プライドを保つために別の世界に行くか、

2者択一です。

その後風戸中佐が陸大出身を表わす紋章を服からはぎ取り、

銃声が響くカットがありましたから、

たぶん後者を選んだのでしょうね。

そういえば白幡の書生である森島はD機関の人間でした。

まあ声でバレバレですけどw

個人的には蒲生は二重スパイでD機関と繋がっていると思ってましたが、

普通に森島にやられていましたから、

D機関とは何ら関係無かったようです。

今回もう少し盛り上がると思っていましたけど、

トリックの解説みたいに淡々と進みましたので

ちょっと物足りなさが残りましたね。

面白い作品だから評価も辛口になっているのかもしれませんけど。

今回のまとめ三行

・D機関VS風機関

・D機関が一枚上手

・民間人にも正体がバレてた風機関

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする