グランクレスト戦記第23話「城壁」の感想 「ラシック・モレーノ主従がサイクロプスと対決す」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

やってきました魔法都市エーラム。

そして今度こそ最終決戦です。

 

相手は魔法師協会。

一筋縄では行かないとは

思ってましたが

まさか魔獣を使って防戦するとは。

 

戦力を温存するため

あえて少数精鋭で

サイクロプスに挑む

ラシック・モレーノ主従。

 

シルーカ、ア―ヴィンらに次ぐ

古参メンバーの活躍が今始まります。

 

そしてラシック・モレーノ主従の活躍の後は

他の君主たちの見せ場が。

 

最終回間近とあって

出し惜しみしません。

 

そして最後の最後は

テオ主従の出番…と言いたいところですが

テオ主従の活躍は次回に。

 

早く続きみたいですねえ。

 

では今回の詳しい内容は以下に記しているので、

そちらをご覧ください。

 

 

また前回の内容を振り返りたい方はこちらからどうぞ。

 

グランクレスト戦記第22話「聖杯」の感想 「教皇レオーネとプリシラの直接対決!!これがプリシラの運命だった?」
魔法師協会の本拠地エーラムへ向かう皇帝軍の前に教皇レオーネ率いる聖印教団が立ちはだかります。信仰心の高い民衆と戦わないためにテオはプリシラにすべてを託します。

 

 

 

スポンサーリンク

ラシック・モレーノ主従の晴れ舞台!!敵はサイクロプス

聖印教団の妨害、

プリシラの死、

いろいろありましたがようやく

テオ率いる皇帝軍がエーラム近くまで

やってきました。

 

さあ、最終決戦です。

 

皇帝軍・魔法師協会の準備は進む

 

大講堂の混沌儀にお祈りをする

魔法師協会を牛耳るフベルトス。

そうすると混沌儀にパンドラの顔が。

 

このパンドラが

ラスボスってことになるのでしょうか?

 

 

そして皇帝軍が

エーラムを望む丘に布陣したという情報が

フベルトスの元に伝えられます。

 

でもフベルトスは意外と余裕があります。

まあ、エーラム防衛のために

魔法師協会は魔法師を総動員できますし、

さらにまだディミトリエを温存してますから。

 

グランクレスト戦記第23話より引用

 

そしてフベルトスは部下に

「奴」を使うように伝えます。

「奴」というのは一体?

 

 

一方の皇帝軍。

これまでの混乱の元凶である

魔法師協会との決戦なので

君主たちもやる気満々。

 

特にラシックは自分が前線に出て

一暴れしたいという気持ちを隠そうとしません。

ホント変わりませんねラシックは。

 

でもテオはラシックと

その配下であるセーヴィス軍を

温存することにして、

先鋒はエドキア率いるハマーン軍に

任せます。

またエーラム攻撃の総指揮はアレクシスが

行うことに。

 

グランクレスト戦記第23話より引用

 

 

 

まあ切り札は最後まで取っておくのが

戦略の定石なので

ラシックとセーヴィス軍の温存は

妥当な決定ですね。

 

ラシックは不本意でしょうけど。

 

 

ラシック・モレーノ主従VSサイクロプス

 

エーラム攻略のための準備を進める皇帝軍。

その皇帝軍が見守る中、

エーラムの城壁の前に

ダイヤともクリスタルとも思える

大きな結晶が降ってきます。

 

そして門番と呼ばれる者たちが

その結晶の結界を取り除くと

中から現れたのは…、

 

 

グランクレスト戦記第23話より引用

 

単眼巨人のサイクロプス!!

 

150年前、

エーラムへ侵攻してきた単眼巨人族の長であり、

彼を倒すために多くの魔法師が犠牲になったという

言い伝えが残っている奴を

魔法師協会がエーラム防衛のために使うとは。

 

でも150年前はエーラム攻撃したのですよね?

だったらエーラムの前で解き放ったら

150年前の恨みを晴らすために

エーラム攻撃するんじゃね?

 

そんな風に思ったのですが、

なぜかその前にラシックが動きます。

 

こここそが自分の見せ場と思ったのでしょう。

そして現実問題、

他の諸侯がエーラム攻略の準備に忙しい中、

すぐに対応できるのは

控えであるらシックたちしかいなかったですから。

 

まあ、テオに相談することなく即決したのは

ラシックらしいですけどね。

 

ラシックはモレーノに

あのサイクロプスについていろいろ質問し、

戦術を練り上げていきます。

 

ラシックは目を潰して

動きを止めることをまず考えます。

 

テオと戦った時、

ア―ヴィンがグラッグの目を攻撃して

動きを止めたことを

思い出したのかもしれません。

 

しかしモレーノはその戦術に否定的です。

あのサイクロプスの目は固く、

矢弾を弾いたという記録があるとか。

 

150年前は光線鏡で

目を攻撃して動きを止めたそうですが、

こんなところに光線鏡なんてありません。

 

光?

光線鏡は無いけど、

光魔法得意な魔法師俺の前にいるんじゃね?

 

ラシックの言葉にため息をつくモレーノ。

長い間仕えているので

ラシックが言い出したら後に引かないということを

よくわかっているのでしょう。

 

これで目を潰すことが決定。

さあ、サイクロプス退治の開始です。

 

 

ラシックはサイクロプス退治に

少数精鋭で望むことにします。

 

自分以外は

モレーノ、グラッグ、そしてルーカス。

まさに古参のメンツのみ。

 

少数過ぎるだろと

思いますが

数が多過ぎては

攻撃する時に邪魔になりますからね。

 

まずは馬を降り、

聖印発動させて

サイクロプスに一太刀浴びせるラシック。

あれ?

剣で切れるじゃん。

 

案外いけるんじゃね?

 

基本戦術は

ラシックとグラッグが

ヒット&アウェイを繰り返し、

 

グランクレスト戦記第23話より引用

 

ルーカスが矢で牽制、

そして3人が時間を稼いでいる間に

モレーノが魔法を唱える時間を稼ぐ。

 

グランクレスト戦記第23話より引用

 

そして魔法でサイクロプスの目を潰したら、

後はタコ殴り。

そんな感じでしょうか?

 

苦戦すると思ったら、

優勢に戦いを進めるラシック一党。

でもラシックが油断したところに

サイクロプスの一撃が。

 

間一髪グラッグに助けられるラシック。

その代わりグラッグがピンチに。

邪紋を発動して鉄の体になりますが、

必要な攻撃でさすがのグラッグもまずい。

 

そうこうするうちにようやく

魔法の詠唱が終了し、

モレーノが光魔法を放ちます。

 

魔法はサイクロプスに目に見事命中!!

 

荷物係の部下から馬と槍を受け取った

ラシックはトドメを刺すべく

サイクロプスに特攻。

 

槍をサイクロプスの胸に突き刺し、

さらに深く深く槍を押し込みます。

 

これにてサイクロプス絶命!!

見事ラシックモレーノ主従の勝利です。

 

グランクレスト戦記第23話より引用

 

でも犠牲が出てしまいました。

ラシックを救った後、

何度もサイクロプスに踏みつけられた

グラッグは…。

 

グラッグの心臓が止まっているの確認する

モレーノ。

 

さすがにあれだけの激戦。

被害皆無ってありえませんから。

 

 

と思ったら、

グラッグ生きてましたw

どうやら鋼の体になると

肺と心臓も止まるらしいです。

 

グランクレスト戦記第23話より引用

 

 

そういうことは最初に言っとけよ。

 

150年前、

魔法師協会が苦労して倒して

サイクロプスを

弱点を知ってたといえ

わずか4人で倒してしまったラシックモレーノ主従。

 

つまり、

150年前の魔法師協会より

この4人の方が強いということに

なりますねえ。

 

これで間違いなく

ラシックたちの名前は

歴史に残りますわ。

 

スポンサーリンク

皇帝軍によるエーラム城壁占領作戦が始まる

 

ラシックたちのサイクロプスを目撃した

皇帝軍の士気は最高潮に達します。

 

そしてその夜、

皇帝軍によるエーラム攻撃が開始です。

 

まずは先鋒のハマーン軍が

攻城兵器を前面に出して侵攻開始。

でもエーラムの城壁に準備された

射石砲の前に次々と攻城兵器が

潰されていきます。

 

その一方、

近距離から

逃亡伯率いるレガリア軍が

馬上からの弓矢攻撃。

また遠距離から

マリーネ率いるヴァルドリンド騎士団の

聖印弾攻撃。

 

魔法師協会側に一息つかせる暇を与えません。

 

エドキアの死んだ夫の言葉で今回の戦術を思いついた?

 

 

波状攻撃に焦った防御指揮官は

石射砲を連続攻撃をしのごうとします。

 

連続攻撃すると石射砲の砲身が

持たないことを知っている部下たちは

再考を促しますが

焦った指揮官はそれを聞きいれません。

 

仕方なく攻撃を繰り返しますが

案の定石射砲の砲身が持たず爆発。

 

ホント指揮官がアホだとどうにも

なりませんね。

 

石射砲の砲身が爆発するさまを遠くから

眺めるエドキア。

 

そんなエドキアは

アルトゥーク戦役で戦死した

夫の1人であるヨアヒムの言葉を

思い出します。

 

海の宮殿の石射砲技師だった

ヨアヒムはエドキアと夜の一戦に

挑んだ後、

石射砲は無理な連射を続けると

爆発することをエドキアに話したのです。

 

夫の言った通りだった。

それを再確認するエドキア。

 

たぶんエドキアは最初からこれを

狙っていたのでしょう。

 

だから攻城兵器を前面に押し出し、

魔法師協会が石射砲を連射させようとした。

 

魔法師協会はまんまと策に乗せられたのです。

 

さらに穴を掘って城壁近くまで進んでいた

ペトル率いるブルタヴァ軍が

人海戦術で城壁の上によじ登り、

城壁の防御指揮官を捕虜に。

 

グランクレスト戦記第23話より引用

 

これで城壁の制圧終了。

あれ?思った以上にこれ楽勝じゃね?

 

 

 

魔法師協会が潰れても、混沌の時代が続けばOK

 

エーラムの城壁が占領されたという知らせは

フベルトスの元にも届きます。

こんなに早く城壁が占領されるとは

さすがにフベルトスも想定外だったでしょうね。

 

最早エーラム失陥、

魔法師協会の崩壊は避けられない。

フベルトスもそれは覚悟しているようです。

 

しかしその一方フベルトスは諦めていません。

どうやらフベルトスは魔法師協会の維持よりも

混沌の時代が続く方が大事らしく、

皇帝であるテオさえ倒して

混沌の時代が続くことになれば

後はどうでもいいと考えているようです。

 

どうしてそこまで混沌の時代の維持を求め、

君主たちによる秩序の時代の到来を

潰そうとするのでしょうか?

 

まあ、秩序の時代になれば、

魔法師は魔法が使えなくなり、

邪紋使いは邪紋を失うかもしれないと

言われていますが、

理由はそれだけなんでしょうかねえ。

 

スポンサーリンク

テオ主従が吸血鬼の王ディミトリエから招待される

苦労すると思われた城壁の制圧。

しかし諸侯たちの役割分担、

そして活躍によって無事終了。

 

これでエーラム市街への侵攻を阻むものは

何にもありません。

 

テオは皇帝軍に

エーラム市街地への進軍を命じます。

そして同時に

市民への暴行略奪禁止の命令も。

 

基本敵対しているのは魔法師協会であり、

魔法師だけ排除すればいいのです。

一般市民に暴行略奪をして

皇帝軍に恨みを持たせる必要はありませんからね。

 

でもエーラムの一般市民って

魔法師協会の恩恵を受けている人が

たくさんいるはずなので、

魔法師協会潰したら

どっちにしろ恨まれるような気もしますけどね。

 

 

さて、

テオも待っているのに疲れたようです。

どちらかというと前線で味方を

鼓舞するタイプの君主ですからね。

 

ただテオはすでに皇帝。

昔のように好き勝手できる立場ではありません。

シルーカが言ったように

テオにもしものことがあれば、

いくら魔法師協会を潰しても

皇帝軍の敗北なのですから。

 

うん、これ完全にフラグ。

危機に陥るサインやろ。

たぶん多くの視聴者がそう思ったはず。

 

そしてテオが一歩踏み出した瞬間、

周りの景色が変わってしまいます。

 

グランクレスト戦記第23話より引用

 

テオたちはエーラムを望む丘の上にいたのに

なぜか今いるところは常闇の森!!

 

常闇の森と言えばテオの領地だったところ、

と言いたいですけど、

その前は…。

 

はい、テオの前に常闇の森を治めていた

吸血鬼の王ディミトリエさん登場です。

 

追い詰められた魔法師協会の奥手は

やっぱりこの人でした。

 

テオの周りには

シルーカ、ア―ヴィン、エマ、ルナの

テオ主従しかいません。

 

さあ、ディミトリエとの最終決戦です!!

 

 

 

スポンサーリンク

終わりに

今回はここで終了。

 

ラシック・モレーノ主従が

サイクロプスを撃破し、

さらに諸侯の活躍であっさり

城壁を占領して

イケイケドンドンの皇帝軍だったのですが、

最後の最後でパンドラの奥の手が。

 

ラシック主従も活躍したのですから、

テオ主従も活躍しなければいけないという

原作者である水野先生の配慮かもしれませんね。

 

さあ、次回は最終回。

吸血鬼の王ディミトリエとの戦い、

そして魔法師協会はなぜ混沌の世界を

維持しようとするのか、

それらに関してすべて決着がつくはずです。

 

まあ魔法師協会が秩序に世界が

来ないようにする理由が

原作通りになるか、

それともオリジナルになるか

原作読んだ者としては

気になります。

 

繰り返しますが次回が最終回。

1週間期待しながら待ちましょう。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・ラシック・モレーノ主従がサイクロプスと対決

・皇帝軍がエーラムの城壁占領

・ディミトリエからテオ主従が招待を受ける