『銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE』第10話「幕間狂言」の感想 「同盟の天才軍師フォーク准将登場です!!」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

前回同盟政府が

政権維持のために決めた

帝国領侵攻。

 

その決定が

帝国、同盟、フェザーンへ

どのような影響を与えるかが

今回のメインテーマとなっております。

 

そして同盟軍には

ヤンの超えるスーパー軍師、

フォーク准将がさっそうと登場です(棒読み)。

 

旧OVA版(石黒版)では

フレ―ゲル男爵と並ぶ

ネタキャラだったフォーク准将。

 

本作でもネタキャラのままなんでしょうか?

 

 

なお、前回の内容を振り返りたいはこちらからどうぞ。

『銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE』第9話「それぞれの星」の感想 「権力者に問い続ける政治家ジェシカの戦いが始まる」
ヤンの思惑とは逆に帝国領への侵攻を政権維持のために決めてしまう同盟最高評議会。その一方ジェシカは政治家になり孤独な戦いをすることを決意します。

 

 

スポンサーリンク

同盟軍の侵攻をラインハルトに防がせる?

帝国宰相代理を務める

リヒテンラーデ侯の元へ、

フェザーン駐在の高等弁務官レムシャイド伯より

ある情報がもたらされます。

 

それは同盟軍が帝国領への侵攻を

準備しているというもの。

 

情報元はフェザーンのルビンスキー。

イゼルローン要塞が落ちて

軍事的なバランスが同盟側に傾き過ぎたので

今度は帝国側に勝たせるために

情報を横流ししたようですね。

 

この情報にリヒテンラーデ侯は

頭を抱えたことでしょう。

 

イゼルローン要塞を同盟に奪取されて、

一番恐れていた事態になったのですから。

 

さらに帝国内に

イゼルローン要塞が落ちたと情報が流れ、

平民の間に不穏な動きがあるとか。

 

まさに内憂外患ってやつですね。

 

ただ同盟軍の侵攻をとん挫させ、

同盟軍に勝利すれば

平民の間に蔓延している革命の雰囲気も

消し去るとリヒテンラーデ侯は考えているようで、

どちらにしろ、

誰に同盟軍迎撃の命令を与えるかが

重要となってきます。

 

銀河英雄伝説第10話より引用

 

 

 

リヒテンラーデ侯の腹心である

ゲルラッハ財務省書は、

金髪の孺子がいいのではないかと

リヒテンラーデ侯へ進言。

 

それに対してリヒテンラーデ侯は

もしラインハルトが勝てば

さらに図に乗って

自分達の地位を危うくするかもしれないと

危惧します。

 

まずは同盟軍に

勝てなければいけないのに、

その後のことを考えるなんて。

 

また、

もしラインハルトが

負けてしまえば、

同盟軍の士気が大いに上がり、

それを討伐するのは大変とも。

 

おいおい、

それでは

勝っても負けてもダメって

ことになるんじゃね~の?

 

そんなに心配なら

宇宙艦隊司令長官である

ミュッケンベルガー元帥に指揮させろよ。

 

一応宇宙艦隊の半分は

まだミュッケンベルガーの指揮下に

あるのだから。

 

それにラインハルトは

宇宙艦隊の副司令長官であり、

まずはミュッケンベルガーが

先に出撃するのが普通だろ。

 

同盟軍は3000万人という

大軍を動員するのだから、

宇宙艦隊司令長官直々に

迎撃の指揮を取るべきだと思いますけどねえ。

 

いろいろ悩むリヒテンラーデ侯に

ゲルラッハは、

ラインハルトは無能じゃないので

たとえラインハルトが負けても

同盟軍も相応の被害を出しており、

それを倒すのは容易であるし、

ラインハルトが勝てば、

良い気にさせて増長させればいい。

そして増長しきったところを…。

 

ゲルラッハよ、

お主も悪よのう。

 

たぶん水戸黄門なら

リヒテンラーデ侯はこう言ったでしょうねw

 

 

 

スポンサーリンク

天才軍師フォーク准将がようやく登場

 

同盟の統合作戦本部では

帝国領遠征作戦のために会議が

開催されています。

 

遠征軍の総司令官には

宇宙艦隊司令長官のロボス元帥、

総参謀長には

ドワイト・グリーンヒル大将が就任。

 

そして実戦部隊として

ルフェーブル中将の第3艦隊、

ビュコック中将の第5艦隊、

ホーウッド中将の第7艦隊、

アップルトン中将の第8艦隊、

アル・サレム中将の第9艦隊、

ウランフ中将の第10艦隊、

ボロディン中将の第12艦隊、

ヤン中将の第13艦隊、

以上8個艦隊が動員される予定。

 

独立部隊の人員も含めて

総兵力数は3000万以上。

 

政権維持のための出兵なのに

完全に本気モードです。

 

この事態に浮かない顔のヤン。

 

イゼルローン要塞を落とせば

講和が成立するかもしれないと

ヤンは思ってましたが、

まさか逆の事態になるなんて

ほとんど考えていなかったのでしょうね。

それも選挙目当ての出兵なんて。

 

 

会議の主役はフォーク准将

 

 

会議はシトレ元帥の言葉で開始されます。

提督たちに活発な討議をさせて

作戦を煮詰めていくというのが

シトレの考えなんでしょう。

 

無難な方法ですが、

場の空気を乱すような者が1人でもいれば

討議ではなく罵倒の場になってしまう

恐れがありますけどね。

 

シトレの言葉の後、

一人の将官が発言します。

 

その将官の名前はアンドリュー・フォーク准将。

来たよ、来ましたよ、

同盟軍が誇る天才軍師様が(棒読み)。

 

銀河英雄伝説第10話より引用

 

でも何か顔が普通。

旧OVA版では陰気な顔で

性格をよく表していたのに。

 

今回のフォークはどちらかというと

美男子じゃん。

全く誰得だよ。

 

さて、会議はこのフォーク准将が

他の提督たちの質問に回答する形で

進んでいきます。

 

まあフォークは作戦参謀の1人なので

当然といえば当然ですが、

たかが准将の癖に目立ち過ぎ!!

 

たぶんこの会議に出席している

フォーク以外の人達、

多かれ少なかれそういう風に

思っていることでしょう。

 

ウランフ中将に続き、

ヤンが質問しますが、

フォークの回答は大雑把。

 

何というか、

こっちは大軍なので

帝国軍に負ける訳はないという

固定観念を前提に話をしています。

 

それに対してビュコックが

アスターテでは

敵より大軍だった同盟軍が

負けたことを例に挙げて

フォークに反論。

 

しかしフォークは

アスターテ会戦は

帝国軍の侵攻を阻止したから

戦略的には勝利したと言い放ちます。

 

確かにその通りですが

出撃した兵力の半分を失い、

さらに政府はあの会戦の戦死者遺族に対する

遺族年金の支払で困っていることを

考えれば、

到底勝利したとは言えないと思いますけどねえ。

 

さらにおそらく迎撃の任に

出てくるであろうラインハルトを

高く評価したヤンに対し、

フォークは利敵行為であると

非難します。

 

作戦案にケチをつけられて

怒ったのでしょうかねえ。

 

それに対してなぜか

ビュコックが怒り出し、

ビュコックとフォークの言い争いに。

 

その言い争いを聞き流しながら

考え事をするヤン。

 

銀河英雄伝説第10話より引用

 

シトレ元帥に慰留された時に

強引に辞めておけば

こんな風にならなかったのに。

後悔先に立たずってやつでしょうね。

 

 

出世欲の塊であるフォークのライバルはヤン?

 

会議終了後、

会議室にシトレと共に残るヤン。

 

どうやらシトレも

イゼルローン要塞を落とせば、

戦争は終結すると

考えていたようです。

 

だからこそ、

現在の事態は不本意ということでしょう。

そしてシトレはフォークを危険視しています。

 

フォークは出世欲が強い。

でも会議で見たとおり、

才能を示すために実績ではなく

弁舌を利用する傾向にある。

 

さらに他者を貶めて自分を偉く

見せようとするクズだから、

あんな奴に3000万将兵の命を預けるのは

不本意であると。

 

まあフォークの方が見ると

今回の作戦を成功させなければ

ライバルに勝てませんからね。

 

ライバルというのは当然ヤンのこと。

アスターテ会戦で同盟軍の全面崩壊を防ぎ、

さらに難攻不落と言われたイゼルローン要塞を

味方の損失を全く出さず奪取しちゃった。

 

普通にこのまま出世を果たせば、

宇宙艦隊司令長官や

統合作戦本部長になるのは確実。

 

確か原作では

フォークはヤンの後輩であるアッテンボローの

さらに後輩だったというニュアンスの

記述があったと思うので、

士官学校の卒業年度はそれほど離れてないはず。

 

卒業年度が近いと

当然軍の幹部になる時期が

ヤンと被りますからね。

 

出世欲の塊であるフォークが

焦っても不思議ではありませんわ。

 

シトレはヤンに出世してもらって

軍の最高幹部になって欲しいと

考えているようです。

 

銀河英雄伝説第10話より引用

 

ただヤンが軍のトップになっても

同盟は文民統制。

 

今回のように政治が決めたら

軍人は何にもできませんからね。

 

シトレはそのことを考えているのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

同盟軍に対するラインハルトの作戦は?

 

帝国では

ラインハルトが旗下の提督を集めて

会議を開催します。

 

内容は同盟軍の侵攻を

どうやって迎撃するかについてです。

 

近いうちにラインハルトに

同盟軍迎撃に勅命が下りるらしく、

そうなれば矢面に立つのは

ラインハルト旗下の提督たち。

 

ただこれは

厄介な任務であるのと同時に

出世するまたとない機会でもあります。

 

それを認識した提督たちは

不敵な笑みを浮かべます(オーベルシュタイン以外は)。

 

銀河英雄伝説第10話より引用

 

帝国軍の提督たちは

フォークに負けず劣らずの出世欲の持主のようです。

まあフォークと違って

実績があるからこそ、

ローエングラム元帥府の所属になったのですけどね。

 

さてラインハルトは今回、

同盟軍を徹底的に殲滅するつもりのようです。

 

そのためイゼルローン回廊の帝国側出口付近で

迎撃するのではなく、

帝国の奥に侵攻させて潰すと。

 

そして具体的な作戦内容を

オーベルシュタインに説明させます。

 

 

ラインハルトの意図を知らず、

帝国領への侵攻を開始する同盟軍。

 

果たして勝つのは

帝国軍と同盟軍、

どちらなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

ほぼ原作通りの展開でしたね。

 

政権維持のために出兵で

提督たちが士気が低い同盟に対し、

出世のチャンスと認識し

提督たちの士気が高い帝国。

 

もうこの時点で

原作読んでない視聴者さんでも

帝国領侵攻作戦の結果は

だいたい予想できると思いますわ。

 

 

次回のタイトルは死線(前編)。

 

ラインハルトが採用した作戦で

消耗した同盟軍に対し、

帝国軍の猛攻が始まります。

 

次回も楽しみです。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・フェザーンが情報を横流し

・同盟の天才軍師フォーク准将登場

・ラインハルトに迎撃命令が下る